カテゴリー別アーカイブ: ラフィアン一口馬主

繁殖牝馬の能力は年齢で衰えるのか調査

ダービーが終わって新馬戦も続々と開始。

7月にはセレクトセールがあり、一口馬主クラブの募集も続々と始まります。

馬選びに心躍る夏。

僕もラフィアン・ウインのカタログを手に、一口馬主の出資馬選びを考えています。

<広告>

僕は出資馬を決めるにあたっては母馬の「繁殖能力」を重視することにしています。

この「繁殖能力」は「繁殖成績」とイコールではありません。

「繁殖成績」はカタログに必ずある母系の活躍馬のリストで分かります。
産駒に活躍馬が現れればリストに太字で記され、それからずっとその母馬の実績として輝き続けるものです。

「繁殖能力」は繁殖成績などから推測するものです。
予測の材料として、

・母馬自身の産駒の勝ち上がり率・重賞実績
・母馬自身の競走成績
・母馬のきょうだい、およびその産駒の勝ち上がり率・重賞実績
・さらに祖先の重賞実績
・母馬の出産時の年齢

などで繁殖能力が決まると考えられます。

ここで強調したいのは最後の「母馬の出産時の年齢」です。
繁殖能力は一般的に高齢になると衰えると言われます。
血統や成績だけを見て出産時年齢を見ないのはよくないでしょう。

本当に繁殖能力は高齢になると衰えるのか?
高齢出産馬は全く走らないのか?

著名な繁殖牝馬の出産時年齢別の産駒の獲得賞金を調べてみたので、
以下に見ていきたいと思います。

<広告>
《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

(グラフ注)
●タテ軸の上限は2億円にしています
ディープインパクトブエナビスタなど飛びぬけた賞金額にタテ軸を合わせると下の方がつぶれて比較できないため

●高齢時の繁殖成績を見るため、やや昔の繁殖牝馬に限られます

●数字が書かれていない年齢は産駒無しの年齢

ウインドインハーヘア

ウインドインハーヘア産駒成績

5歳・6歳・8歳の産駒はアメリカで走りましたが、賞金を1ドル110円で換算しました。

10歳時産駒のブラックタイドが1.6億円、
11歳時産駒のディープインパクトが14.5億円を稼ぎました。
以降21歳まで8頭の産駒を出しましたが、19歳時トーセンソレイユの0.9億円が最高でした。

ビワハイジ

ビワハイジ産駒成績

6歳・7歳の産駒は早田牧場の生産、以降がノーザンF生産ということに若干の注意は必要です。

11歳時産駒のアドマイヤオーラが2.7億円、
13歳時産駒のブエナビスタが13.8億円
15歳時産駒のトーセンレーヴ(現役)が2.1億円を稼ぎました。
以降20歳まで5頭の産駒を出しましたが、16歳時ジョワドヴィーヴルの0.9億円が最高でした。

エアグルーヴ

エアグルーヴ産駒成績

若い年齢で産んだ産駒だって走るよ、という例がエアグルーヴ

7歳時産駒のアドマイヤグルーヴが5.5億円、
13歳時産駒のフォゲッタブルが2.6億円
14歳時産駒のルーラーシップが5.5億円を稼ぎました。
以降、20歳まで3頭の産駒を出しましたが、15歳時グルヴェイグの1.0億円が最高でした。

<広告>

ダンシングキイ
スカーレットブーケ
アグネスフローラ
サワヤカプリンセス
ダンシングキイ産駒成績

スカーレットブーケ産駒成績

アグネスフローラ産駒成績

サワヤカプリンセス産駒成績
社台系の名牝いろいろ。
名馬は多いですが、高齢まで繁殖に残った名牝を探すのはなかなか難しいです。
傾向は概ね一緒かな、という感じです。

ダンシングキイは9歳時産駒のダンスインザダーク6.0億の後、
18歳時産駒のダンスインザムードが5.3億稼ぎました。
18歳でも意外とイケるんだな、と思えますね。

<広告>

タカラカンナ
ティアドロップス
ツクバノーブル
タカラカンナ産駒成績

ティアドロップス産駒成績

ツクバノーブル産駒成績
社台系の名牝だけでなく我らがビッグレッドファーム系にも触れておきましょう。

タカラカンナは10歳時産駒のマイネルキッツ5.5億が最高、
ティアドロップスは11歳時産駒のマイネルラクリマ3.3億が最高、
ツクバノーブルは16歳時産駒のマイネルメダリスト2.1億が最高という成績でした。

16歳時産駒で飛びぬけた賞金を稼いでいるのは驚きですね。
15歳・16歳までは見くびらない方がよいでしょうか。

キャットクイル
キャットクイル産駒成績

最大の例外、ダービー馬キズナの母に触れないわけにはいきません。

初年度5歳時産駒のファレノプシスが4.6億円を稼ぎましたが、
以降は産駒が少なく4頭の産駒で14歳時ヴィクトリアアイの0.5億円が最高でした。
そこから飛んでなんと20歳時産駒のキズナが4.7億円を稼いだという極端な成績です。

高齢出産でも活躍馬が産まれる可能性はゼロではないと言うことですね。
ただし、初年度にG1馬を出している優れた繁殖牝馬で、20歳でいきなり名馬を出したわけではないということに注意しましょう。

<広告>
《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

<結論>
●繁殖能力は16歳頃から衰える傾向にある
●たとえ衰えても優れた繁殖牝馬の高齢時産駒はくずではない

高齢出産の産駒の活躍例は他にもあるかもしれませんが、概ね傾向は同じだろうかと思います。

上記の例で言えば、ウインドインハーヘアは20歳時でも5000万稼ぐ馬(モンドシャルナ)を出しています。
そこらの小娘牝馬じゃ5000万稼ぐ産駒は出せませんから、やはりポテンシャルは恐るべしです。

高齢の優れた繁殖牝馬と若い実績の無い繁殖牝馬ではどちらの産駒を買えばよいか?
となると難しい比較になります。

多くの場合、実績の優れた繁殖牝馬なら高齢時産駒でも価格が高くなりがち。
若い母馬の産駒は安くても全く走らないかもしれない。
それぞれにリスクが伴います。

どちらに偏ることなく、双方バランスよく持つのがよいかもしれませんね。

<広告>

初めての愛馬のデビュー戦大惨敗

6月4日、日曜日。
僕は心待ちにしていました。

出資馬、愛馬、命名馬のマイネルブランデーが2歳戦の開幕週にデビューを迎えるからです。

しかし直前の追い切りでバテてラスト1F17.3秒というタイムを見て落胆(1F=200m)。

東スポの調教採点も『4』という衝撃の点数をつけられてしまい、勝利は望めず。
今後につながるレースをしてほしい、7~8着くらいでそれなりに回ってきてくれれば、
と言う気持ちでした。


当日。

阪神競馬場には行けないのでレースはラジオで観戦します。
12時10分、ラジオNIKKEIにチャンネルを合わせると同時にファンファーレ。
ゲート入りが行われます。

すると、

実況「マイネルブランデーが下馬しています」

血の気が引きました。
それでもすぐにまた騎手が騎乗しました。
スタート。

出遅れをしたのは他の馬でした。

先頭から馬の名前が呼ばれますが…

ブランデーの名は呼ばれない…呼ばれない…

実況「大きく遅れて黄色い帽子2頭、マイネルブランデーとダイキリシマ、後方からになりました」

また血の気が引きました。

ブランデー新馬戦ラスト3F
ブランデー新馬戦ラスト3F

先頭の方では他の馬があっさりとゴール。
何が勝ったかなんて頭に入りません。

競走中止で呼ばれるかもと思い最後までハラハラしていましたがその後は名前を呼ばれず。
最悪のアナウンスが無かったことだけが幸いでした。
ラジオを切ってガッカリ。

「ダメだった?」「まだこれからだよ」と妻。
子供が周りではしゃいでいるのも目に入りません。

まだ先は長くこれからだということはもちろん分かっていて、
僕も勝ち負けより内容のつもりで見ていました。

12頭中11着(勝ち馬から3.5秒差)という着順はさておき、こんなに最初からずっと後方だなんて…。

競走馬失格、引退すらちらつく内容に絶望の気分でした。

<広告>


ホームページの近況で「いい動き」だの「順調」だの言っていた話はなんだったんだ…。

新馬戦・未勝利戦を勝つことが大変なことは分かっているけど、あの内容じゃ全く論外じゃないか…。

僕は騙されていたのか…?

そうか、みんなグルだったんだ。

牧場スタッフ、調教師、POG本、みんなしてウソついておれをハメようとしてたんだ!

JRAも政府も秘密警察も、みんな宇宙人の手下なんだ!

世界征服を企む謎の秘密組織がおれを監視してる。

騙されて浮かれているおれを悪の親玉がモニターごしに見て笑ってやがるんだ!

畜生!ケガレシア(演:及川奈央)だったら許すけど!

みんな敵のスパイだったんだ!

どこで見てやがるんだ!畜生!

みんな敵だ!お前もあいつもみんな敵だ!みんな死んじゃえ!

死んじゃえ…ううっううっ…

・・・

おれは何も信じない・・・

おれは誰も許さない・・・

おれは何も夢見ない・・・

なにもかもみんなーーー爆破したいーーーッッ!

AHHHHH――――!!!

(浜田省吾「MONEY」を敬意を持って引用)

という妄想をして寝ました。

そして一晩経って、思ったんです。

今僕は平凡なサラリーマン。
家族を食わせるため、お金のために社会の檻の中で決められた退屈な生活を送っています。

昔は、女の子に振られたとか、試合で負けたとか、就活に落ちたとか、
いろいろな試練があってそれなりに挫折を味わうことがありました。

でも年を取ったら同じことの繰り返し。
安定のための平凡な毎日、感情の起伏もありません。

そんな中で、馬主(一口馬主)というのは喜びと悲しみ、栄光と挫折を与えてくれる、
貴重な娯楽活動なんだな、と思いました。
それも若い頃には経験できない類のものです。

今回味わった挫折感も人生の彩りなんでしょう。
一つ学んだ気がします。

<広告>


ホームページの近況を見ると、やはり持病の喉鳴りが堪えていた模様。
ブランデー君はこの先どうなってしまうのか…。

まだ1戦、まだ開幕週だろう、と傍から見ればそうなんでしょうがどうしても心配してしまいます。
僕もまだまだ馬主(一口馬主)として忍耐が足らんです。

他の愛馬たち、マイネルニュースマイネルドゥーナサクラメントボンナキュイ
期待しすぎないようにあまり触れてきませんでしたが、
もちろんどの馬も元気に走ってくれることを願っています。

いつか愛馬と共に喜べる日が来ますように…。

カエルレーシング各馬の近況17年5月

2017年日本ダービーレイデオロの勝利により幕を閉じました。

翌週には早くも次の世代、2015年生まれの馬たちの新馬戦が始まります。

僕は昨年初めて一口馬主の会員になり出資をしました。
僕の初めての愛馬たちが競走馬としてデビューしようとしています。

僕の愛馬たち、名付けてカエルレーシング
デビュー間近の各馬の近況を確認します。 続きを読む カエルレーシング各馬の近況17年5月

2017年度ラフィアン・ウイン第1次募集馬の血統傾向

5/8にビッグレッドファーム(以下BRF)系一口馬主クラブのラフィアンおよびウインの第1次募集馬が公開されました。

そして5/12にはラフィアンの募集価格と入厩トレセンが東西どちらかが公開されました。

あとは歩く姿のムービー、入厩先の調教師も見て総合的に出資馬を絞りたいですね。

まずは今ある情報から、ラフィアン62頭(早期募集含む)+ウイン28頭募集馬全90頭の血統の傾向を分析してみようと思います。 続きを読む 2017年度ラフィアン・ウイン第1次募集馬の血統傾向

現代版コスモバルクの血統を考えてみる

<広告>

僕がマイネル・ラフィアンのファンになった原点はコスモバルクでした。

2003年末~2004年のコスモバルクに感じたワクワク感というのは忘れられません。
僕も競馬ファンになりたての頃でしたが、雑草っぽさ、泥臭さ、反骨心を感じる馬が良血馬に向かっていく姿に感動したのです。
かつてのオグリキャップもそうだったのでしょうか。
ミホノブルボンセイウンスカイにも同じような雰囲気がありますね。 続きを読む 現代版コスモバルクの血統を考えてみる