191204マイネルパイオニア

カエルレーシング各馬の近況20年3月

(写真はラフィアンサイトよりマイネルパイオニア

3ヶ月おきに更新するつもりでしたが、この冬場は出走馬が少なくてちょっと遅れてしまいました。
まだ3歳馬の勝ち上がりはゼロ・・・。
何とか長く活躍する馬を持ちたいものです。

僕の愛馬たち、名付けてカエルレーシング

各馬の近況を確認します。

2017年産ドラフト1位
マイネルシスネロス 牡3歳 ブルースターズF
10月に1番人気で敗れた後、北海道で休養中です。

12月に鼻出血を発症。
休養して1月に試し乗りをしたら鼻出血を再発・・・。

この鼻出血というのは人間の鼻血程度で済む問題ではなく、呼吸器系の疾患として競走馬生命に関わる深刻な疾患にもなるそうです。
有名な馬だとウオッカがジャパンカップを勝った後に鼻出血を繰り返すようになって引退を余儀なくされた事例がありますね。

強い調教はできないし、レースに出して全力で走らせるのも怖い。
かわいそうなことになってしまい全く復帰を考えられる状態ではありません。
オータムパーティーの時に水野調教師が「復帰はしっかりしてから」と言っていたのはこのことだったのでしょうか・・・。

2歳時に1/2馬身差に接戦したマルターズディオサがチューリップ賞を勝つなど、対戦した相手を見ると状態が万全であれば勝ち上がりが十分期待できる馬でした。

最悪、9月の未勝利戦に間に合わなくてもいいくらい長い目で見て良くなるように祈っています・・・。

*

2017年産ドラフト2位
マイネルパイオニア 牡3歳 美浦TC
ハービンジャー産駒はやや晩成の傾向ですが、この馬も3歳になってぐんぐん成長してきました。

1月2月は小倉で滞在競馬。
まずは芝2000mで9着。
久しぶりに8着以内を外すことになり不安がよぎります。

そこで次にダートを試すことに。
血統的には芝向きなのでどうかと思いましたが初ダート1700mを7着に善戦。
中1週で同じ小倉ダート1700mに出走すると今度は直線ジワジワ追い込んで2着!
0.2秒差、あと1歩の好内容でした

さらに中2週の中山ダート1800mで4着。
堅実に走り安定感を増しています。
ハービンジャー産駒でダートが得意なのは珍しいので、母の父のアグネスデジタルの適性が出ているのかもしれません。
馬の血統は奥が深いですね。

中館調教師の状態管理とレース選びもハマっていて信頼が持てます。
先がとても楽しみです😊

*

2017年産ドラフト3位
マイネルエピキュア 牡3歳 BRF明和
12/21の中山ダート1800mは最後方からの追い込みで1.4秒差7着。
最後までがんばっているのですが、スタートがどうにも遅くて後方からの競馬になり相手に左右されてしまいます。

ここで放牧。
北海道滞在中も故障は無く、休養した後みっちり調教されてきました。
元気なのは何よりです。
姉たちを見ても堅実に丈夫に走れるのが長所。
3月下旬に入厩予定なので、4月からエンジン全開で走りまくってもらいたいです。

*

2017年産ドラフト4位
リーディングレディ メス3歳 美浦TC
11/16に出走して7着のあと北海道で調整。
3ヶ月間みっちり調教されて、3/12に入厩しました。

スタートダッシュが早い良い馬です。
復帰戦から期待しています。
恐らく芝の1200mで使うと思いますが、なんとかチャンスをつかんでほしいです。

*

2017年産ドラフト5位
ウインライヴリー 牡3歳 美浦TC
遅まきながら2月上旬に初入厩。
ゲート試験もギリギリ合格という感じでしたが、ケガは無くのんびりと成長してきました。
トレセンで合わせ馬をするうちにだんだんと気持ちが前向きになってきたようです。

3/14にデビュー予定。直前の追いきりの合わせ馬でも遅れてしまい相変わらずですが、同じようにデビューが遅れたウインレゼルヴが新馬勝ちしています。

好調なクラブの勢いに乗って少しでも次につながる結果を残してほしいです。

2018年産ドラフト1位
フォクシーレディ(マイネシャローナの18) メス2歳 ブルースターズF
ディープインパクト×母父コマンダーインチーフ
馬体が成長して順調に調教をこなしています。
スタッフからの評価は上々です。
ビッグレッドファーム系のディープインパクト産駒といえば今年は岡田繁幸総帥所有のスマイルカナが活躍中ですね。
この馬にも同じくらい活躍してもらいたいです。

2018年産ドラフト2位
マイネルシェルム(マイネソルシエールの18) 牡2歳 真歌TP
ディープブリランテ×母父ロージズインメイ
調教はとても順調。
1歳の募集時期の後半から評価がうなぎ上りでしたが、今でも評価は高いようです。
調教ムービーでは余力十分に坂路を駆け上がっています。

今年に入ってディープブリランテ産駒はモズベッロがGII日経新春杯を勝ち、ラプタスがダートの交流重賞黒船賞を勝つなど多方面で好調。
期待が高まります。

2018年産ドラフト3位
マイネルレスペト(デスピュートロマンの18) 牡2歳 真歌TP
スマートファルコン×母父Gone west
評価はまずまず。
やや走りにクセがあるようですが、順調に調教をこなしています。
まだまだこれからに期待です。

2018年産ドラフト4位
ウインレネット(ナムラナデシコの18) メス2歳 CVF
ホッコータルマエ×母父フジキセキ
ウインの特別募集馬で、元出資馬のサクラメントの従妹という血統とお手ごろな価格で出資を決めました。

ですが2月にいきなり剥離骨折を発症。
サクラメントも2歳時に剥離骨折を発症し、回復して復帰後に勝ち上がったものの脚元の不安は消えず、次のレース中に粉砕骨折を発症して予後不良に・・・。

従妹も同じように脚元の不安を抱えることになるとは。
いや、サクラメントのことを知っていたから不安があることを承知しておくべきだったかもしれないですが・・・。
あまり期待はかけられないですが少しずつのびのびとがんばってもらいたいです。

残念ながら故障が2件も出てしまいました。

本当、馬が元気なことが一番。
なかなか勝てなくてもたくさん走ってもらいたい。
故障が一番悲しいです。

3月になって入厩する馬が増えてきました。
愛馬のレースでの走りを楽しみにします😌

コメントを残す