カテゴリー別アーカイブ: 愛馬の近況

カエルレーシング各馬の近況19年8月-2歳馬1歳馬編

(写真はラフィアンサイトよりマイネルシスネロス

3歳馬の未勝利引退は残念ですが繁殖や地方競馬での第2の馬生の活躍を祈ります。

サラブレッドの歴史は回ります。
毎年産まれてくる新しい世代の活躍を楽しみにしましょう。

僕の愛馬たち、名付けてカエルレーシング

デビューしたての2歳馬と、出資決定したばかりの1歳馬の近況を確認します。

続きを読む カエルレーシング各馬の近況19年8月-2歳馬1歳馬編

カエルレーシング各馬の近況19年8月-サバイバル3歳馬編

(写真はラフィアンサイトよりフィーユブランシェ。大雨が伺えます。)

8月。3歳未勝利戦が終了する運命の月です。

僕の出資馬はダービー終了時点でも勝ち上がりゼロでした。
一応どれも重賞を勝てると見込んで出資を決めたのですが思い通りにはいきませんね・・・。

出資馬がみんな未勝利戦サバイバルに挑み出走を続けました。
この2ヶ月ほどは毎週出資馬が走ってにぎやかでしたが、結果は果たして?

僕の愛馬たち、名付けてカエルレーシング
各馬の近況を確認します。

まずはクライマックスの未勝利戦に挑んだ3歳馬編です。 続きを読む カエルレーシング各馬の近況19年8月-サバイバル3歳馬編

マイネルイヴィンスは地方へ。悲しくはない。

(写真はラフィアンサイトより)

僕の出資馬でもあるマイネルイヴィンスは3歳未勝利戦期間に勝ち上がれず、中央登録抹消になりました。

あと少しで勝ち上がれたのに・・・と不満を言いたくなるのも分かりますが、他に全くレースに出られなかった馬や一度も入着できなかった馬もいることを考えると、これだけの成績を残してくれてありがたい気持ちです。
続きを読む マイネルイヴィンスは地方へ。悲しくはない。

カエルレーシング各馬の近況19年5月

2019年のダービーは12番人気のロジャーバローズが勝ち大波乱の決着となりました。

それでも終わってみると結果に納得してしまうのが不思議なものです。
ロジャーバローズの母がジェンティルドンナの母と半姉妹、父は同じディープインパクト
何でこの馬を買わなかったのかと思えるくらいの良血でしたね・・・。

しかしラフィアンからアイルハヴアナザー産駒のマイネルサーパスがダービー出走までこぎつけたのは嬉しいことでした。
このクラブ、この血統でもやれないことは無い。
勝つとなると厳しいのは承知ですけど、なんとか僕もラフィアン・ウインからクラシックあるいは古馬G1を目指したいです。

未勝利戦終了まであとわずかとなったけど2016年出資馬たちにはがんばってほしい。
そして新馬戦が始まり2017年出資馬たちのデビューも楽しみ。
僕の愛馬たち、名付けてカエルレーシング
各馬の近況を確認します。 続きを読む カエルレーシング各馬の近況19年5月

カエルレーシング各馬の近況19年2月

(写真はラフィアンサイトよりマイネルイヴィンス

もうすぐ3月。クラシックが近づいてきました。

僕の一口馬主2年目となる2016年産の出資馬は残念ながら勝ち上がりゼロ・・・。
今年の春のクラシック出走は難しいところ。
いつかは出資馬にクラシックに出走してもらってワクワクを味わいたいものです。

これが2019年最初で久しぶりの更新になってしまいました。
僕の愛馬たち、名付けてカエルレーシング
各馬の近況を確認します。

2016年産ドラフト1位(←募集総額の高い順)
ウインヴァモス 牡3歳 栗東TC
栗東入厩後も調整に苦労しながら1/26に京都ダート1200m戦でデビュー。
調教内容から不安がいっぱいでしたが、案の定スタートから遅れ、一頭ポツンと最後方に置いてけぼりで直線へ。
でも直線に入ってからは上がり3Fタイム4位の末脚で伸びてきて、1頭抜かして16頭中の15着。

ダントツビリのタイムオーバーかと思ってたくらいでしたがタイムオーバーは回避して意外とがんばってた印象です。
ダメでもかわいい愛馬なのでスクリーンヒーロー産駒の血がどこかで開花してくれないかな、とほのかに応援しています。

2016年産ドラフト2位
マイネルイヴィンス 牡3歳 美浦TC
掲示板キープを続けて12月1月の中山開催を連戦。
4着→2着→2着と安定した成績でした。
2着はいずれも勝ち馬に上手く乗られた感じで、3着以下には差をつける内容でした。

2/11の代替競馬の東京ダート1600m戦では追い込み届かずの4着。
少し忙しくて距離が短かったようですが安定して地力上位の走りをしてくれます。

今度の中山開催は勝負。
勝ち上がりを大いに期待しています。

2016年産ドラフト3位
アメリオラシオン メス3歳 鉾田TP
中山芝1800m・2000mを走って10着・10着。
不利があったレースもありましたが、不利が無いレースでも同じ着順でした。
その後しばらく鉾田で調整中。

ルーラーシップ産駒となると芝の中・長距離戦に適性がありますが、この条件だと社台・ノーザンの強い馬とぶつかってしまうんですよね。
そろそろダートを試すか、芝なら府中で息の長い脚を期待したいところ。
なんとか掲示板に載ってもらいたいですが・・・。

2016年産ドラフト4位
フィーユブランシェ メス2歳 小倉滞在
2ヶ月じっくり調整したあと小倉遠征に挑みました。

小倉初戦2/10は馬群の内で上手く脚をためて直線じわっと抜け出し。
一旦先頭に立ちましたがゴール直前でかわされて0.1秒差の3着。
負けたのは悔しいですが素晴らしい走りでした。

滞在競馬中1週で同じ条件に出走し、4着。
着順は落としましたがタイムは縮めています。
よく力をつけていると思います。

小倉最終週に連闘で出走する可能性も。
418キロの小さな身体ですがスピードがあって頑張り屋で素晴らしい馬です。
1200mから1600mまでこなせると思うのでどこかの条件で何とか勝ち上がってもらいたいです。

2016年産ドラフト5位
ディオミーオ メス2歳 美浦TC
10/13にデビュー後は飛節の腫れなどの調整のために北海道へ。
2月上旬に再入厩しましたが2度も発熱を起こすなどなかなか順調に調整できません。
牧場スタッフだよりのコメントでは評価が高く、調教師も期待している感じが伺えます。

デビュー戦は勝ち馬から1.8秒差の10着でしたがまだ能力を出せていません。
アイルハヴアナザー産駒が今年は調子がいいですし、何とかこの馬の能力全開の走りを見たいところです。

2017年産ドラフト1位
マイネルシスネロスマイネイサベルの17) 牡2歳 BRF真歌
2017年産ドラフト2位
マイネルパイオニアニシノフィオーリの17) 牡2歳 BRF真歌
期待の2歳馬2頭は調教でも放牧でもよく行動を共にしています。
ラフィアンサイトのムービーでは坂路で2頭の併走調教の様子が映され、2頭とも力強く駆け上がっていました。

ケガも無く順調なのは何より。
血統が良いのでじっくり仕上げていってもらいたいです。

2017年産ドラフト3位
マイネルエピキュアスーパーウーマンの17) 牡2歳 BRF明和
まだあまり評価が上がってこないですがケガも無く順調。
写真を見ると立派な馬体に仕上がってきました。
6月産まれの遅産まれなのでこれからの成長に期待です。

2017年産ドラフト4位
リーディングレディマイネエスポワールの17) メス2歳 BRF真歌
こちらもケガも無く順調です。
スタッフだよりのコメントでは高評価ですがまだタイムは伸びきれていないらしく、これからですね。
こちらは2月産まれなのでデビューは早いのではないかと見ています。

2017年産ドラフト5位
ウインライヴリーオメガラヴィータの17) 牡2歳 CVF
調教の評価は上がってきませんが立派な馬体をしています。
できれば早めにデビューしてもらいたいですが、まだこれからと言ったところですね。

勝ち上がりはまだいないですが大きなケガが無いのは何より。
最近はほぼ毎週何かしらの愛馬が走ってくれるので楽しいです。

できれば勝ち上がってもらいたいですが、何より元気にたくさん走りまくってもらいたいです😊