タグ別アーカイブ: レース回顧

ラフィアンのオークス制覇で騎手と厩舎について考えた

2021年のオークスサラブレッドクラブラフィアンの馬ユーバーレーベンが勝ちました。

僕も出資しているクラブのクラシック初制覇です。

ユーバーレーベンの血統は父ゴールドシップ×母父ロージズインメイというBRFビッグレッドファーム)が導入した種牡馬の配合。
母系の元をたどればBRFが輸入した繫殖牝馬。
生粋のBRF血統で、3月に亡くなったBRFの前社長岡田繫幸さんのゆかりの血統です。

岡田繫幸総帥は社台グループへの対抗意識を燃やし、一流とは言えない血統の馬を相馬眼で見抜いて、厳しく丈夫に鍛えてクラシックに挑戦し続けました。
僕は繫幸総帥のそんな姿に共感してラフィアンに入会したのです。
生前にクラシック制覇を見られなかったことはとても残念ですが、本当にこれまでのこだわりが詰まっている血統の馬でのクラシック制覇にとても感動しました。

続きを読む ラフィアンのオークス制覇で騎手と厩舎について考えた

ウオッカ追悼回顧

4/3、名牝ウオッカが死亡したとの一報が出されました。
15歳でした。

3月12日に歩様が乱れて手術、闘病していましたが蹄葉炎により回復が不可能と診断され4/1に安楽死処分されたとのことです。
つらかったでしょうね。
ありがとう、お疲れ様でした、と言いたいです。

続きを読む ウオッカ追悼回顧

スーパー未勝利戦サクラメントで一口馬主の初勝利

2018年9月23日、日曜日。

中山2Rの2歳未勝利戦にフィーユブランシェ、中山3Rの3歳未勝利戦にサクラメント、僕の出資馬が出走します。
どちらもラフィアンの馬です。

続きを読む スーパー未勝利戦サクラメントで一口馬主の初勝利

カエルレーシング各馬の近況18年2月

写真はラフィアンサイトより新馬戦のマイネルドゥーナ

クラシックの足音が聞こえる3月。
現3歳の2015年産馬が競馬の話題の中心になってきています

僕にとって2015年産馬が初の出資馬で、初めて馬主目線で迎えるクラシックということになりますが、
残念ながら僕の愛馬たちはまだ勝ち上がりゼロ・・・。

そんなにうまくいくものではないと理解していますが、
いつの日か自分の愛馬がクラシックの舞台に立つ所を見てみたいものです。

 

僕の愛馬たち、名付けてカエルレーシング
各馬の近況を確認します。
続きを読む カエルレーシング各馬の近況18年2月

2017年有馬記念回顧ーキタサンブラック引退レース

有馬記念が盛大に幕を閉じました。

後でホープフルSが12/28に開催されるのはまだ違和感がありますが、
しみじみと今年最後のおまつり有馬記念を振り返りたいと思います。

続きを読む 2017年有馬記念回顧ーキタサンブラック引退レース