Huluロゴ

テレビをやめてhuluで生活する

先月、社宅から別の借家に引っ越しをしました。

その借家はテレビのアンテナが無く、ケーブルテレビの線が引かれている構造でした。
しかしそのケーブルテレビの線をテレビにつなぐだけでは何も映りません。
ケーブルテレビ局と契約して専用のチューナーを買わなければならないのです。
調べたら地デジ放送を見るだけで月額800円かかることが分かりました。

今時どーなんですかこの料金は?

ただの地デジですよ?

よく世間で言われているように地デジの番組はつまらなくなりました。
CMも多いし、わざわざお金を払うのはどうなのかと。

それならせっかくだから地デジ+BS・CSデジタル放送27チャンネルがセットになったパックにしようかと調べると、こちらは月額2400円だそうです。
アニマックスやBSイレブンなどは使えますが、松本市行政チャンネルとかいらんチャンネルも多くて高い・・・。
ていうか地デジがいらない
いらんチャンネルは無くして見たい番組だけ選んで安くできないものか?

そこで考えたのが動画配信サービスです。

インターネット回線を通じて、膨大な番組コンテンツの中からいつでも好きな番組を再生できるもの。
動画データはまずスマホやPCで受信しますが、Wifi環境と専用受信機器(Chromecastなど)を通じてテレビに映すことも可能です。

まず条件となったのは子供が好きなアンパンマンが観られることでした。
また僕はサービスにはキチンと対価を支払うべきだと思っています。
「アンパンマンのアニメを観られる有料の動画配信サービス」として目を付けたのがdTVとhulu

その中から僕は世界的に展開しているhuluを試しに使ってみることにしました。
(dTVの大元のNTTが好きではないということもある)


↓↓↓hulu公式サイト↓↓↓

Chromecastがスマホと接続できていれば、huluアプリが連携しているのでワンタッチでテレビに映すことができます。
(Chromecastとスマホの接続にはちょっと苦労することもあります(汗))

画質は地デジなどと変わらずキレイです。
huluのアンパンマンチャンネルではこれまでに放送した話から見たい話を選んでストリーミング再生することができます。
最新の話は見られませんが、膨大な過去の放送から随時入れ替わる30話の中から選ぶことができ、基本的に飽きずに見られます。
録画予約とCMカット編集が必要ないので親は楽ですね。

地デジテレビでアンパンマンのアニメを見る場合、HDDレコーダーで録画予約して撮ったものをCMをカットする編集して後で見る、という形になるでしょう。
最新の話はどんどん入ってきますが過去の話にさかのぼることはできません。
huluと地デジ録画を比べたら、アンパンマンを観るだけならどちらも同じように扱えます。

他の番組については、アニメも子供向け番組も地デジでは観られた番組がhuluで観られなくなることはあります。
しかしhulu側も子供向けには力を入れているので、面白くてためになる番組を地デジより多くの選択肢の中から選ぶことができます。
子供はさっそくhuluで新たに観られるようになったかいけつゾロリにハマりました。

「今まで観られた番組が観られない」ということさえ受け入れられれば、huluの方が番組の質・数ともに優れていると言えます。
今まで地デジで見ていた番組でどうしても観たいものがあればDVDを買うか借りるかすればよいかと思います。


子供が好きだけどhuluでは見られないピタゴラスイッチのDVD

費用としてかかるのは月額933円(税別)とインターネット通信料
ケーブルテレビの地デジ800円と比べたらこっちの方が良いと思います。
通信データ量は多くなるので通信量無制限のプランに入ることをお勧めします。
僕が使っている回線はYmobileのPocket WiFiプランLです。

huluは大人向けのドラマ・映画も豊富ですが、弱点というとスポーツ系ですかね。
リアルタイム中継はテレビ放送の方がまだ強いです。

そして僕にとって重大な問題が競馬中継
これはグリーンチャンネルWebに入るしかないかなという感じです。
テレビを使わずにインターネットで競馬中継を観るシステムについてはまたの機会に書きたいと思います。


↓↓↓hulu公式サイト↓↓↓