FXではお金を借りてるという意識を忘れない

僕は株の投資歴はおよそ15年ですがFX歴は数ヶ月程度。
だんだんと要領がわかってきたところです。

始めは少しの為替変動で急に赤字が増えたりビックリするのですが、時間が経つと金利にあたるスワップポイントが少しずつ入ってくるので為替変動の影響が小さくなります。

慣れない方は、FXは「イチかバチか」の世界で、負けると借金を背負ってアブナイんだ、という風なイメージを持たれるでしょう。

僕もそういうイメージでしたが、大儲けしようと焦らなければそれほど怖くないものだと思いました。
大事なのは「借金して資産運用している」という意識を忘れないことです。

<広告>

FXの口座を開くとすぐさまロットという単位で外貨を買うことが出来ます。
これはなんてことは無い、1万ドルなり10万ドルなりの通貨単位を1ロットと言い換えているだけです。

なんとなくカジノのチップみたいなものに感じますね。
カジノでは現金をチップに換えます。
それは現金を賭けているという感覚を鈍らせて大金を賭けさせるためです。

ロットと言われてようと、自分は何ドルの売買をして日本円でいくら分の売買をしているのか、そのために自分はいくら借りているのかは必ず頭に入れておきましょう

例えば、1ドル110円で1ロット買ったとします。
1ロット1万ドルなら、¥110×1万ドル=110万円分の買い注文です。
証拠金10万円しか入金していなければ、
この買い注文一発だけで100万円借金したことになります!!

ヒエエエーーー!!😱と怖がらなくても大丈夫。
その借金は外貨を買うためにしか使えず、遊んで使い切っちゃうことはできないですから。

借金はいざという時にもすぐ返せるような金額に抑えて、買った外貨も大事に持っていて、スワップ金利だけもらって稼いでいればいいんです。

僕も基本的に安くなった時に買ってずっとホールド。
売買は多くしないでスワップ金利で稼ぐだけのつもりです。
FX業者にとってはあまりおいしくない客かも知れませんね。

<広告>

FX業者が取る手数料には2種類あります。
売買時の為替手数料スワップ金利にかかる手数料です。

FXのスワップは大抵、売り手で入った時に支払うスワップは多く、買い手で入った時に受け取るスワップは少なくなっています。
トレーダー全体で差額を取るとFX業者の手元にお金が残る仕組みです。
だから買ってそのままスワップをもらい続けている状態でも、本来発生している利息より少ない額しかもらえないから手数料を払っていることになってるんですね。

 

カジノもFX業者も、胴元はどこかで誰か一人の客が勝とうが負けようが関係ありません。
大勢の客が参加してテーブルに大金が乗っていれば自然と稼げる仕組みになっているのです。

だからFX業者は別にいち参加者のあなたからお金をむしり取ろうとなんか考えちゃいないのです。
こう言われると少し安心しますかね…?😅

<広告>

大儲けを考えず、自分の手元の資産額と比べてすぐに返せる程度のお金を借りてFXで外貨運用するのも資産運用の一手段として利用してみてもいいのかな、と思います。

ちなみに僕が利用しているFX業者はカブドットコム証券DMM.com証券です。
カブドットコム証券のFXは株式投資との連携が強み。
DMM FXは手数料の安さとツールの使い勝手の良さが強み。
株式投資はやらないでFXだけ使うのであればDMM FXの方がおすすめです。

こちらにDMM FXで口座開設した時の体験談を書きました。どうぞご参考までに😄

※FX=外国為替証拠金取引は、元本や利益が保証された金融商品ではありません。
十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断と責任において開始していただきますようお願いいたします。

<広告>

コメントを残す