カテゴリー別アーカイブ: 政治経済

新元号を予想してみた

2019年(平成31年)5月1日に改元、新しい元号に変わります。

僕は昭和生まれなので小さいころ平成への改元を経験しました。
時代が変わったんだーって感じでしたね。
でも一番改元を実感するのは硬貨ですよね。
平成元年のピカピカの10円玉を初めて見た時、「おー平成だー!」って感動しましたよ。

新しい元号の発表は4月1日だそうです。
4月1日の閣議で決められて即公表だそうで、3月27日現在はまだ誰もわからないわけです。
至る所で予想されてますが、頭を使う楽しいお遊びだと思います。

僕も新元号予想に挑戦してみました。

直近の元号はこちら。

慶応→明治→大正→昭和→平成→??

ここからどんなトレンドが見えてくるでしょうね。
昭和の「和」と平成の「平」、
なんとなく波風の立たない穏やかな年にしましょう、という願いが込められてそうな気がします。
大正に第1次世界大戦、昭和も第2次世界大戦(太平洋戦争)があり、激動苦難の時代だったことの裏返しでしょうか。
平成は平成でテロや天災があって大変でしたけど、世界大戦ほどの衝撃は無いかな?

巷では安倍首相の「安」が入るだろうという予想が多いですが、何となく「安」だと昭和&平成のイメージそのままな気がするんですよね。
ちょっとこれは無いんじゃないかと思ってます。

そこへ来て2019年現在の風潮ですが、そろそろ「景気よく一発花火を上げよう!」っていう気分ではないでしょうか?

東京オリンピックを控えて景気よくいこう、盛り上がろうという願いを込める漢字は何か。
僕は「花」か「華」がピッタリだと思いました。

えっ、「華」だと中華人民共和国のイメージが強い?
となると「」がいいでしょうかね。

過去に「花」が入った元号にはありません。
ですが、これは心強いデータです。
昭和の「昭」、平成の「成」はそれぞれ元号に初めて使われた漢字でした。
初登場漢字が使われる傾向があるので、これはイケると思いますよ。

さて、もう一つの字は何でしょう。
こちらは元号でよく使われる漢字ではないかと思います。

また、アルファベット綴りのイニシャルが明治(M)大正(T)昭和(S)平成(H)と違うものにするだろうという予想もあります。

コンピュータシステムで年号をイニシャルで記録していたとすると、仮に次の元号のイニシャルがSだった場合には「S-1」が昭和一年か次の元号の一年か分からなくなってしまいます。
至る所で年の表記を誤ったり誤動作を引き起こす恐れがあるので、たぶんそこは考慮するでしょう。

「景気よく」のイメージ、アルファベットが被らない、過去に使われている漢字・・・うーん、よし、コレだ。

ということで新しい元号、僕の一点予想は

仁花(にんか)

です。

一文字でも当たってたら褒めてくださーい😆

小選挙区と比例代表で違う党に投票する意味

政治のことあーだこーだ言うのはホントは好きではないですが、これは選挙との向き合い方について。

僕はどこの政党支持者でもなく政治活動にも興味がありません。マスコミもSNSもいろんな論調が飛び交ってもう何が何なのか、サッパリわかりません。
どの政党も政治家も良い所悪い所はあるだろうって思っています。 続きを読む 小選挙区と比例代表で違う党に投票する意味