カテゴリー別アーカイブ: 競馬レース

ウオッカ追悼回顧

4/3、名牝ウオッカが死亡したとの一報が出されました。
15歳でした。

3月12日に歩様が乱れて手術、闘病していましたが蹄葉炎により回復が不可能と診断され4/1に安楽死処分されたとのことです。
つらかったでしょうね。
ありがとう、お疲れ様でした、と言いたいです。

続きを読む ウオッカ追悼回顧

有馬記念2018-なぜオジュウチョウサンがここを目指したか??

2018年、平成30年も年の瀬です。

競馬ファンはもちろん普段競馬を見ない人もみんなが注目する年末の国民的イベント、それが有馬記念

2018年有馬記念の最大の注目ポイント、
それは何と言っても障害レースの絶対王者オジュウチョウサンの出走でしょう。

オジュウチョウサンは障害G1を5勝し、今年春の障害G1中山グランドチャンプもぶっちぎりで勝った障害界の超名馬です。
障害界の実績だけでも過去に例の無いほどですが、そんな馬が平地のG1に参戦することも異例中の異例です。

そもそもオジュウチョウサンは何故この「有馬記念」を目指すことにしたか、分かるでしょうか?

有名なレースだから?
賞金が高いから?

もちろんそうでしょう。
注目度の高いレースを勝てば、引退後の種牡馬としての価値が上がります。
でもジャパンカップも同じくらい有名で賞金の高いレースですよね。

障害で中山コースを走り慣れているから?

これは平地と障害ではまったく別物になるのであまり関係無さそうです(笑)

一番の理由は、
有馬記念がファン投票で人気の馬が出られるレースだから」なのです。

有名で賞金が高いレースであれば他の馬も出たいです。
しかし一度に出走できる頭数には制限があります。
有馬記念では16頭までになります。

他の有名で賞金が高いレースであるジャパンカップの場合、フルゲートは18頭になりますが、
他に出走したい馬が多くいた場合には「出走馬決定賞金」という数値の多い順で出走できる馬が決められます。

出走馬決定賞金」とは、実際に獲得した賞金とは違ってレースを勝つことによって加算される「実績ポイント」だと思ってください。
そして平地レースで稼いだ実績ポイント障害レースで稼いだ実績ポイントは別々でカウントされるルールになっています。

障害でG1を勝ちまくったオジュウチョウサンですが、平地での実績ポイントはほとんどありません。
普通にG1に出るためにはレースを何回も走って勝ってこのポイントを稼がなければならないのです。

仮にジャパンカップに出ようとしたら最低でもあと準オープンとG3は勝たなければいけない
勝てるかどうかも分からないし、それだけレースに出走するだけでヘトヘトです。

そのリスクをパスできるのがファン投票制度のある有馬記念なのです!!

ファンが選ぶグランプリとして創設された有馬記念は、
ファン投票で得票の多い10頭が「実績ポイント値に関係なく」優先的に出走できるルールになっています。

だいたい人気のある馬と言えばG1を勝ってる馬なので、
「ファン投票の多い馬=実績ポイントの多い馬」となって最近ではあまりこのルールが生かされている感じはありませんでした。

オジュウチョウサン関係者は、「障害レースで得た人気を背景にファン投票をたくさん獲得できる」という読みがあったのでしょう。
実績ポイント不足を補うためにこのルールを最大限に活用しようと考えたわけですね。

でもファン投票で選んでもらうっていわば他力本願ですよね。
今年夏の時点ではまだ出走できるって確定してないにもかかわらず「有馬記念に出る!!」って表明するなんて、
結構したたかというか豪胆だなあ、と思います(笑)

競馬ファン歴20年の僕もオジュウチョウサンの走りには注目しています。

枠順抽選会で武豊騎手が1枠1番を引きました。
有馬記念の行われる中山2500mはコーナーを6回周るため、距離ロスの少ない内枠が有利です。
これは俄然楽しみになったのではないでしょうか。

さすがに勝つとなるとどうかな?という気もしますが、
他の馬にも昨年のキタサンブラックのような王者はいないどっこいどっこいの相手関係だと思います。
負けたとしたってそんなに無様な負け方はしないでしょう。

平成最後の有馬記念、楽しみですね😆

2017年有馬記念回顧ーキタサンブラック引退レース

有馬記念が盛大に幕を閉じました。

後でホープフルSが12/28に開催されるのはまだ違和感がありますが、
しみじみと今年最後のおまつり有馬記念を振り返りたいと思います。

続きを読む 2017年有馬記念回顧ーキタサンブラック引退レース

2017年有馬記念の木曜展望

今度の日曜、12月24日は有馬記念ですね。

しばらく競馬を見てるとダービー皐月賞オークスといったその世代の馬が一度しか出られないクラシックの方が緊張感を感じますが、有馬記念となると特別。
クラシックの緊張感とは違いますが同じくらい楽しみで、古馬のレースの中では一番ワクワクする特別なG1という感じがします😊

その年のクラシックを沸かせた3歳馬と古馬との初対決が多いのも盛り上がりますね。
今年はジャパンカップダービーレイデオロと古馬との対決があったわけですが、成長中の3歳馬はこの1ヶ月でも力をつけますし、2kgの斤量差を生かしてどう挑むか見ものです。

ということでまず注目は今年のダービー2着の3歳馬スワーヴリチャード
JC2着のレイデオロとはほぼ互角。
前走GIIアルゼンチン共和国杯は破格のタイムで文句なしの圧勝でした。
ただこのレースは相手が微妙でOP~GIIIクラスのレベルと見たほうがいいかもしれません。
これよりタイムが遅かったゴールドアクターと同じに扱うのは危ないかも?

同じく3歳馬はサトノクロニクルブレスジャーニー
サトノクロニクルは前走GIIIチャレンジカップで古馬を撃破。
ブレスジャーニースワーヴリチャードやクラシックで善戦したダンビュライトに2歳時に先着した実績があります。
成長中の3歳馬、クラシック上位組でなくても油断は禁物。

それに対し古馬の中心になるのは層の厚さを見せつけている5歳馬。
GI6勝のキタサンブラックがなんといっても筆頭。
気になるのは秋3戦目からくる疲労ですが、強い馬は疲労にも強かったりするんですよね。

キタサンブラックと同じく天皇賞秋1着→JC3着で引退レースの有馬記念を迎えたのはシンボリクリスエスですが、結果2着に9馬身差をつけて圧勝しました。
天皇賞秋2着→JC4着で引退レースの有馬記念を迎えたジェンティルドンナもきわどく勝って有終の美。
しかし天皇賞秋4着→JC1着で引退レースの有馬記念を迎えたブエナビスタはスローペースも災いして7着惨敗。

なんとなくですがJCが状態ピークになるようだともう余力が無くなるかもしれませんね。
キタサンブラックは巻き返す可能性十分ではないでしょうか。
サトノクラウンもグランプリで力を発揮するタイプかも。
シュヴァルグランはちょっと心配かも・・・?

すっかり影が薄くなった4歳馬はどうでしょう。
この世代のダービーマカヒキJCで目イチの勝負を挑みましたが上位争いからは離された4着。
ただここまで弱いイメージがついたなら逆張りで買うのも手です。
2015年はGI未勝利の4歳馬のワンツーで高配当(勝ち馬ゴールドアクター)、
2012年はGI未勝利の4歳馬で10番人気のオーシャンブルー(←僕本命でした)が2着に入って高配当。
4歳馬の成長も油断なりません。

牝馬は基本的にはこのレース厳しい傾向です。
ここ10年では2008年のダイワスカーレットと2014年のジェンティルドンナが勝っていますが、
ブエナビスタウオッカファインモーションヒシアマゾンなどの名牝が人気で敗れています。
ソコソコ人気くらいならちょっと買うのは控えたいです。

今のところこんな感じで考えています。
あとは枠順を見て考えましょうか。
レースまであと3日、楽しみに過ごしましょう😆

下手な騎手でも乗り続ければ馬の力を引き出せる

本サイトのこの記事が多くの方に読んでいただいています。

ありがとうございます。
リーディング上位の騎手と下位の騎手の差は何なのか
本テーマについて関心が高いと思うので、改めて書いてみたいと思います。 続きを読む 下手な騎手でも乗り続ければ馬の力を引き出せる